キックボクシングの歴史

近年、キックボクシングは、護身術、一般的なフィットネス、およびコンタクトスポーツとしてますます人気のある習慣になっています。もともと空手、ムエタイ、ボクシングなどのさまざまな戦闘スタイルから開発されたキックボクシングは、キックとパンチを組み合わせた武道の一種です。キックボクシングは、伝統的な武道のスタイルのさまざまな要素の組み合わせによってもたらされたため、一般的にハイブリッド格闘技と見なされます。 1990年代以降、このスポーツは、グラウンドファイティングとファイティングテクニックのレパートリーをさらに組み合わせた総合格闘技の人気に貢献してきました。この格闘技の歴史は、日本、北米、ヨーロッパでの進化に分解することができます。 キックボクシングは特に特定の用語ではないため、スポーツの歴史を正確に特定することはやや困難です。キックボクシングの最も初期の形態は、初期のインドシナの武道に由来しているようであり、最終的には現代のムエタイにもつながります。キックボクシングの現代的な表現に関しては、歴史は1950年代に日本で始まり、武道の達人が最初に空手とムエタイの戦闘スタイルを組み合わせ始めたようです。これらの新しい戦闘スタイルの人気が高まるにつれ、ムエタイと空手の戦闘機の間の競争は、最終的に日本で最初のキックボクシングイベントにつながります。 1970年代と1980年代までに、キックボクシングは日本国外の北米とヨーロッパで行われるようになりました。キックボクシングの統治機関が結成されたが、キックボクシングと空手の区別はまだはっきりしていなかった。確かに、ヨーロッパでは、キックボクシングは90年代までスポーツとして繁栄しませんでした。制度的には、キックボクシングは空手と区別されませんでした。1974年にプロ空手協会が設立され、1976年に世界キックボクシング協会が設立されました。キックボクシングがようやく独立したスポーツとして理解されると、その人気は高まり始めました。世界的に。 1970年代に、最初のキックボクシングイベントがドイツで導入されましたが、日本式とアメリカ式のキックボクシングの間には引き続き重要な違いがありました。 同様に、スポーツキックボクシング連盟(SKF)は、キックボクシングのフィットネスの側面に取り組むために1988年に設立されました。 SKFは、キックボクシングの有酸素運動、フィットネス、護身術のトレーニング要素を、トーナメントスタイルの競技のルールと規制を含む完全なスポーツと統合するよう努めました。 SKFは国際的な代表者として、さまざまな年齢層とフィットネスレベルのメンバーが初心者から専門家まですべてのレベルでトレーニングできるシステムを作成しました。 If you cherished this posting and you would like to receive a lot more facts regarding 女性美容

Read More

Share

ゲイバー-無制限の喜びのために!

世界中で急速に変化する規範により、私たちはまったく新しい文化的設定、ゲイバーとレズビアンバーの出現を目にする傾向があります。これらの新しい主に施設は飲酒の段階として機能し、絶対的または主にゲイおよび/またはレズビアンの顧客にサービスを提供します。ゲイバーはサイズが異なることが多く、多層のスーパークラブや小さな部屋のようなものです。比較的小さなセットアップのゲイバーは、豪華さの点ではあまり提供していませんが、ゲイが会って飲み物を共有できる道を提供しています。一方、多層のゲイとレズビアンのバーは、かなりの数の異なるエリアと複数のダンスフロアで顧客を迎えます。 ゲイバーは、世界中のゲイバーやレズビアンバーの習慣的な光景であるアルコールの提供で行動のコースを開始します。実際、このサービングは第一の目標につながり、それは彼らのゲイの顧客に会話とリラクゼーションのための場所を提供することです。ロンドン、ニューヨーク、パリなどの大都市でゲイバーを見つけることは、街のいたるところに目を引くチラシに出くわすので、興味のある人にとっては難しい作業ではありません。このような広告板は、通り、お店、会場の真ん中で簡単に見ることができ、他のクラブやイベントよりもゲイの存在感があります。 挑発的で刺激的なイメージで、これらのチラシは、ゲイバーを探索している人々の間で十分な関心を生み出すことになります。バーの中では、音楽がねぐらを支配し、ライブまたは1人または複数のDJによる見事なブレンドが行われます。音楽はスタイルが変動し、ジャズとブルースをディスコ、ポップ、ドラムンベースにミックスして、印象的で官能的な曲に合わせて回転するように誘惑します。これらに加えて、パンク、ハウス、トランス、テクノは、落ち着きのない論理に逆らう雰囲気を生み出します。この別のゲイとレズビアンのバーには、ダンス会場を思いつくのに十分なスペースがあり、高度に構造化された洗練された照明デザインを全面に覆い、高くなったダンスプラットフォームをサポートしています。 ゲイバーはダンサーを雇って、その間に捕らえられた人々の心を横切る多様な感情をかき立てて、完全に生きるか、それをその日のためにさせます。奥の部屋は、どこでもそのようなバーの最も重要な側面を形成し、薄暗い部屋や廊下があり、ぼやけた活動(しばしば性的)が行われる場所を可能にします。一般的なバーの通常の抑制的な側面とは異なり、ゲイバーは性別の基準も満たしていない人に挨拶することがよくあります。一部のゲイバーでは、女性限定の夜を時折見ることができます。 どこにでもあるゲイバーは、ゲイコミュニティが利用できる他の娯楽手段にすぐに追いついており、その華やかさと魅力で他のモードを上回っています。退屈で退屈な顔は、陽気で楽しいゲイに挨拶してゲイであることの喜びを分散させるため、ここではほとんど歓迎されません。だから、喜びが限界を知らないゲイとレズビアンのバーの一部になるためにあなた自身を徹底的に整えてください。 If you loved this short article and you would love to receive details relating to カオス assure visit our own

Read More

Share
1 2 3 203